JapanWellness
JapanWellness
JapanWellness
JapanWellness
採⽤情報

採⽤情報 Recruit

採⽤メッセージ

採⽤メッセージ

■評価は思いの⼤きさ
事業を推進する上で、年功は関係ありません。勿論、経験値や、⼀定の キャリアは必要ですが、それだけではありません。
つまり声の⼤きい者、年齢の⾼い者、社歴の⻑い者が評価されるのではな く、⽬標に向かう思いの⼤きさが評価される会社です。
■従業員みんなの会社
当社はオーナーがいません。株式のほとんどを従業員持株会が所有してい ます。今後、⾃由な発想者もとに新たに興す事業は、従業員持株会社を中 ⼼に展開していきます。全国的にも稀な、みんなの会社なのです。
■皆さんの⼒の結集
成果を得るためにリーダーのもとに役割分担を決め効率的に作業を⾏う。
同じ⽬標に向かって、定められた⽅針のもとにベクトルを合わせ、チーム として知恵を出し合い、協⼒し助け合い、成果を得る。そして⼈間的に学 び、分別を持ち、必要とされる⼈材へと成⻑していきます。
それぞれの職制上/業務上の⽴場、役割を認識し、私たちと⼀緒に⽇々 チャレンジしていきましょう。

代表取締役 清⽔ 正敏

数字でわかる、ジャパンウェルネス魅⼒

1⽇の提供⾷数 1⽇の提供⾷数

14323

食/日 (2024年現在)

営業拠点数 営業拠点数

156

カ所 (2024年現在)

従業員数 従業員数

990

(2024年現在)

平均年齢 平均年齢

39

(2024年現在・正社員のみ)

平均勤続年数 平均勤続年数

13

(2024年現在・正社員のみ)

⽉間平均残業時間 ⽉間平均残業時間

7.4

時間 (2024年現在・正社員のみ)

育休取得者 育休取得者

2000年以降 17

(内男性2人) (2024年現在)

有給取得率 有給取得率

74

(2024年現在)

栄養⼠・管理栄養⼠ 栄養⼠・管理栄養⼠

120

(2024年現在)

調理師 調理師

160

(2024年現在)

男⼥の⽐率 男⼥の⽐率

女性

82%

男性

18%

(2024年現在)

社員インタビュー

prev
next

社員の1⽇

ジャパンウェルネス株式会社で働く社員の⼀⽇のスケジュールを紹介します。

調理スタッフ

調理スタッフ

2020年⼊社(4年⽬)
調理スタッフの1⽇
学⽣⾷堂(⼤学・短⼤・⾼校)での調理スタッフ、午前中は調理から⾷事提供まで。午後は事務作業(⽇報作成、メニュー作成、発注、運営管理)がメインとなります
8:00

出社、メール確認

8:30

厨房業務開始

ランチの仕込み、調理、盛付け。
私の店舗ではカフェコーナーで当⽇朝の焼きたてパンも提供しています。

11:30

提供開始

⼤学、短⼤、⾼校の併設校、⾷堂のあるカフェテリアは新校舎。
おしゃれな⾷事空間でランチをご提供

14:00

休憩

15:00

事務作業

当⽇の売上確認、⽇報作成、翌週のメニュー作成、発注作業。次⽉のイベント考案、POP作成を⾏います。

17:00

退社

企画開発部

企画開発部

企画開発部スタッフの1日
本社にて新規開拓営業や、クライアント様のご要望を叶えるべく日々頑張っています!
8:30

出社

全体、各セッションにて朝礼。
今⽇のスケジュールは以前よりお問い合わ せのあったクライアント様へヒアリングを ⾏いに現地調査へ向かいます。
その他に、メールチェックや、先⽇訪問を ⾏った施設の試算・企画提案のために社内 打ち合わせなどを⾏います。

12:00

ランチ

訪問先の近くでお昼休憩を取ります。
⽇頃から外回りが多いため、時間に余裕が ある時は気になっているお店でランチを取 り、気分転換をしています。
お昼休憩をしっかりと取る事で、午後からの活動にメリハリをつけられます。

13:00

新規開拓営業

お問い合わせのあった、クライアント様の 施設へ訪問。
現在のお⾷事提供におけるご不満やご要望をヒアリングし、次回、ご提案を⾏う為にお伺いする⽇程を決定します。今後も定期的に訪問をしながら、クライアント様のご要望に沿った提案をブラッシュアップしながら、成約を⽬指していきます。訪問が終わり次第、帰社してヒアリング内容をまとめます。

17:30

退社

各セッションで終礼、本⽇の報告を⾏い退社します。

働く環境

働く環境

食材と人材を育み、未来を創る
ジャパンウェルネスは、食材と人材を同時に育む企業です。
新入社員教育から調理教育、マネジメント教育まで、総合的な育成を行い、お客様に「あってよかった」と喜ばれる企業を目指しています。

役員座談会

役員座談会

ジャパンウェルネスはどんな会社か、どんな方が活躍できる場であるかを役員がお話しします。

decoration
decoration
decoration
decoration
decoration

世界と地域の⾷材を融合して、新たなおいしさを創造する。
全ては「おいしい!」のために。